シルクパウダーっておすすめ?使い方や効果から夜にナイトパウダーとして使用

2018年8月21日

ミネラルファンデーションにも配合されているシルクパウダー。
名前はよく耳にするけれど、シルクパウダーの効果や効能、使い方についてご存知な方は少ないかもしれません。
そこで今回は肌に優しく普段のメイクからナイトパウダーとしてまで幅広く使用することが出来るシルクパウダーの効果や使い方等についてご紹介します。

シルクパウダーの効果とは?

シルク(絹)は蚕の繭(マユ)から取られる糸で、軽さ・丈夫さ・吸水性・保湿性を兼ね揃えた天然繊維です。
シルクの主成分はフィブロインという繊維状のタンパク質と、接着剤の役割のセリシンから構成されています。

生糸は洗浄・加工時にセリシンを取り除いていきますが、完全に取り除いてしまうと生糸のツヤが劣ってしまうそうです。

フィブロインは十数種のアミノ酸(グリシン、アラニン、セリン、チロシン)が連結してできています。

化学繊維の進歩により、養蚕業は衰退しつつありますが、シルクの成分に注目が集まり、健康食品や化粧品への応用がされ始めています。
化粧品としてのシルク(シルクパウダー)の効果についてまとめてみます。

シルクパウダーの効果

  • 保湿効果
  • お肌のバリア効果
  • 紫外線の吸収作用
  • 人間の肌との相性がいい

お肌に優しい成分で人体のタンパク質に近い構成の天然成分のため、ミネラルファンデーションなどにも使用されています。

参考:エリ蚕シルクパウダーは,家蚕フィブロインパウダーと同様に,優れた吸湿・放湿性,臭気吸着性を有することがわかった.これらの特性を活用し,スキンケアや脱臭剤分野等への機能性素材としての利用展開が期待される.

いくつかの情報ではシルクパウダーの抗菌性を記載しているのを見かけました。
シルクパウダーの抗菌性については若干の疑問符が付きます

今回用いた3種のシルクパウダーには,抗菌性は認められず,むしろ菌が増殖する傾向にあった(Fig. 6).これは,シルクパウダーの主成分がタンパク質のフィブロインであることによると思われる.今後,シルクパウダーに抗菌性を付与するためには,抗菌性物質等の添加が必要であることがわかった.

もちろん、どのメーカーも製品化にあたり、抗菌性などは考慮していると思いますので、ここでは言及をさけますが、シルクパウダーそのものに抗菌性がある、もしくは高いというのは微妙に感じました。(実験の条件・使用している蚕の種類などによっても異なるため、今回参考にした論文だけで判断できるものではないかもしれません)
引用:エリ蚕シルクパウダーの機能性評価

シルクパウダーに含まれるセリシンとは?

セリシン(Sericin)は、カイコ(Bombyx mori)が絹の生産の際に作るタンパク質である[1]。
カイコが作る絹は、主にセリシンとフィブロインという2つのタンパク質で構成されている。フィブロインが絹の構造の中心にあり、セリシンは繊維の周りを粘着質で覆い、繊維同士がくっつきやすくしている。絹のセリシンは、3500年以上前から、富裕層が髪や皮膚を若返らせるために用いてきた。

引用:Wikipedia

Wikipediaを参照しましたが、ミネラルファンデーションでメジャーなブランドのヴァントルテは、シルクパウダー配合ですがセリシンをアルカリ処理により基本的には取り除いているそうです。(微量には含まれている可能性があるそうです。)

※フィブロイン100%:使用原料の製造過程において、繭をアルカリ処理することにより、「フィブロイン」と「セリシン」に分けておりますので、この2つを分ける段階で微量の「セリシン」が含有されている可能性はございます。
引用元:VINTORTE 公式ブログ

シルクパウダーの野蚕と家蚕の違いは?

シルクパウダーの原料となる蚕(かいこ)には野蚕(やさん)と家蚕(かさん)、要は天然物と養殖物があります。
家蚕の場合、蚕を放し飼いにしており、繭の形や色、大きさに差が出るようです。

シルクパウダーの野蚕と家蚕を比較した先程の論文を参考に比較をまとめてみました。

  • 水分量 野蚕>家蚕
  • 吸水量 野蚕>家蚕
  • 吸湿率 野蚕>家蚕
  • 吸油量 野蚕<家蚕

※参考の論文中ではエリ蚕という野蚕の一種を使用しており、蚕の種類によって結果が異なる可能性があります。また、比較にはオードレマン社のルーセントシルクパウダーが使用されており、その他の製品の場合では結果が異なる可能性があります。

論文中の考察(結論)を確認したところ、野蚕と家蚕にそれぞれ優位な点はありましたが、野蚕と家蚕ともに高い機能性を有している事が分かりました。

参考:エリ蚕シルクパウダーの機能性評価

シルクパウダーの基本的な使い方

シルクパウダーには様々な使い方があるのはご存知ですか?
ここではシルクパウダーの代表的な使い方についてご紹介します。

シルクパウダーをフェイスパウダーとして使ってメイク崩れを防ぐ

メイクが崩れやすかったり、テカリが起きてしまうという悩みを抱えている方は多いですよね。

そんな方にはシルクパウダーをメイク前に下地として使ってみたり、メイクの最後にフェイスパウダーとして使うことをオススメします。

吸湿性、放湿性、通気性に優れたシルクパウダーは皮脂をコントロールしてくれるため、皮脂によるメイク崩れを防いでくれます。また、光に当たるとシルク特有の光沢をを発するため、透明感のあるツヤ肌に仕上げることが出来ます。

シルクパウダーを夜に使う(ナイトパウダーとして使う)

夜のスキンケアを終えた後、乳液やクリームで肌のベタツキを感じることはないでしょうか?

夜におこなうスキンケアは日中に受けた肌へのダメージを回復させる役割もあるため、たっぷりとと水分や栄養を与える必要があります。化粧水や美容液で保湿した肌の水分を逃さないためには、乳液やクリームでしっかりと蓋をする必要があるため、どうしても肌がべたべたしてしまうのです。

しかしベタベタしたまま寝ようと思っても、髪が顔に張り付いて不快に感じてしまうこともありますよね。そんな時には是非シルクパウダーをナイトパウダーとして使用してみる事をオススメします。

シルクパウダーは肌にのせるとしっとりと保湿をしながら、肌表面をサラサラに整えてくれます。顔に薄いヴェールを張ったような状態になるので、就寝時に埃などが顔に付く事を防ぐことも出来ます。

食べるシルクってなに??

一昔前は日本でも一大産業であった養蚕業は、化学繊維技術の発達により衰退の一途をたどっていますが、1992年頃から東京農工大学名誉教授の平林氏により、食べるシルク(絹)の研究が開始され、肝機能改善の薬理効果が示されるなど実用化が進められてきています。

高脂血症・糖尿病・アルツハイマー・毛髪アンチエイジング・スタミナ増強などに有用だとする論文があります。

参考文献:食べるシルクの機能解析と応用開発

おすすめのシルクパウダー11選

保湿力や肌をバリアする力に優れたシルクパウダーは昼はフェイスパウダー、夜はナイトパウダーとして使うこともできる万能パウダーです。こちらではオススメのシルクパウダーをご紹介します。

シルクパウダー初心者に一番オススメ!ETVOS エンリッチシルキープライマー

余分な皮脂を吸収して毛穴を目立たなくさせてくれる超優秀下地です!化粧崩れの起きやすい小鼻回りやTゾーンも一日中テカらずメイクしたての肌をキープすることが出来ます。脂性肌の私でもこれを日焼け止めの後に塗ってメイクをすると、自分でも信じられないほどサラサラ肌をキープすることが出来ています。テカリやすい、メイク崩れが起きやすいとお悩みの方には是非お試しいただきたい一品です。

混合肌の方におすすめの化粧下地!「エンリッチシルキープライマー

ETVOS エンリッチシルキープライマーを使用した人の口コミ

今まで、下地は違うメーカーのものを使用していましたが、なくなったので、こちらに変えてみました。早く使ってれば…と思うほど、使い心地が良いです。30歳を過ぎてから、顔が油っぽくなり、毛穴が目立つようになりましたが、驚くほど油浮きがなくなりました。それに伴い、毛穴がなくサラサラに肌が保たれています。
専用のブラシも一緒に購入しましたが、セットで使うことでさらに相乗効果がありそうです。年齢に応じて肌は変わっていきます。今の私の肌にはとてもフィットしました。

サラサラ感がまずいいです。混合肌なのですが、時間が経つとやはり顔の中心部はテカリます。ですが、あまり気にならなくなった様な気がします。

さらさらで肌触りがよく、仕上がりもきれいでとても良いです。気に入っています。

オーガニックシルクパウダーから選ぶ

MiMC モイスチュアシルク

18種類のアミノ酸を含んだシルクが肌をやさしく保湿してくれるスキンケアパウダー。保湿や肌のバリア、キメ細かな肌を作るメイク下地として使用することが出来ます。また夜は保湿をしながら肌ストレスを解放するスキンケアとしてソフトフォーカス効果で肌を美しく見せながら、積極的にケアをしてくれます。

MiMC モイスチュアシルクを使用した人の口コミ

休日、化粧をしないでもこのパウダーだけで小奇麗になれます!おしろいは知らない間になくなってますが、このパウダーはずっとついていていいです。

普通のフェイスパウダーより化粧くずれがなくなかなかテカらないので化粧直ししなくてもいいです。手放せないです!

トゥヴェール シルクパウダー

シルクからセリシンを除去し、フィブロインを抽出し微細加工したシルクアミノ酸100%パウダーで、光に当たると絹独特の光沢を発します。
粒子が細かなパウダーが肌に密着するため、ファンデーションの仕上げやMMU(ミネラルメイク)の下地として使うことも出来ます。また余分な皮脂を吸い取り皮脂のコントロールもしてくれます。

トゥヴェール シルクパウダーの口コミ

重宝してます。
他のシルクパウダーは使っている内に容器から出にくくなってくる(湿気のせい?)のですが、こちらの商品は最後までちゃんと出て来ます。朝も化粧直しも使っているので、持ち歩くには大きいですが、その価値はあります。超オイリーなので、崩れないなんて日はありませんが、ティッシュオフの後にこのパウダーで、誤魔化せてると思ってます。(笑)
無くなったらまた買います!

私には合わなかった様です。
一週間使い続けて突然肌に小さなプツプツが顔全体に現れました。
普段から肌は特別弱いわけでもありません。
今までケミカルな物からノンケミカルな化粧品まで色々使ってきましたが、肌荒れを起こした事もないです。
これがシルクアレルギーというやつなんですかね。
大量にパウダーが残っているので勿体ない!!
アレルギー症状が出なければ使いたいと思う商品でした。
残念。

初絹 シルクパウダー

メイクとしても、スキンケアとしても使えるシルク100%のフェイスパウダー。
シルク特有の自然な光沢感を肌に与えてくれるため、メイクの仕上げやテカリ防止にも使うことも可能です。また粒子が細かいパウダーなので、ふんわりとして肌あたりが良く軽い感触の使い心地です。セリシンを取り除いたフィブロインのみを使用しています。

初絹 シルクパウダーの口コミ

以前、他社のシルクパウダーで痒くなってしまいまいたので心配でしたが、普段使用しているクレイのパウダーがとても乾燥してしまうため、評判の良かったアーダンさんのシルクパウダーを再チャレンジ致しました。
結果はとても良かったです!(同じシルクでも加工法等?で合わなくなったりするのでしょうか?なぜかは分かりませんが大丈夫でした!)
付けたばかりは少し粉っぽいかな?と思いますが、すぐになじんできます。
なじんでからも脂っぽくなることもなく、毛穴が目立ってしまうことなく、とても気持ち良くいられました。
合わないものが多いタイプで困っておりましたので、またリピートさせていただきたいと思います。

他メーカーのシルクパウダーをずっと使用していましたが、たまたま見つけて購入してみました!
前のより、粒子が肌にピッタリくっついて本当にシルクのような肌質になりました。とてもいい感じです。
これからはこちらにしようかな。
私はTゾーンは油浮きしやすく他は乾燥しやすいけど、シルクパウダーは、潤いも保てるせいか、油浮きもおさえられてすごくよいですよ。

シルクフィールフェースパウダー 天然シルク(野蚕)100%

野蚕まゆを粉砕した純度100%のシルクパウダーです。18種類のアミノ酸からできているシルクは保湿性が高いため、美容液のような働きもしてくれます。また皮膚への刺激やアレルギーの心配も少ないため、少量で素肌力がアップします。小じわ、毛穴、色ムラ、くすみ、乾燥、ニキビといった様々なトラブルから肌を守ってくれます。

シルクフィールフェースパウダー 天然シルク(野蚕)100%の口コミ

冬も日焼け止めの上に軽く付けてます。冬の日差しや乾燥から保護してくれます。お湯洗顔や石鹸で落ちます。

肌荒れしてても安心して使えます。ちょっとした紫外線予防も出来て便利です。

天女 シルクパウダー

天然シルクが持つ多孔質構造が、肌表面の凸凹を消し去りサラサラに保ってくれます。シルクに含まれるアミノ酸は肌の成分に近いので、保湿力が高く、肌を美しく見せながら美容液の役割も果たしてくれます。また天然のUV防止効果も期待できます。

天女 シルクパウダーの口コミ

使ってみましたが、毛穴もシミも特に隠れません。
すごく期待していたのでとても残念。
寝る前に使ったら、起きたときにすべすべした感じはありましたが。

mシルクの粉を使っていたことがあり、暑いころのお粉として購入。さらさらで気持ちいいです。
ケースは少し使いにくいので、中蓋をはずしてます。
きちっと粉がプレスされた状態なので、自宅で使用するならその方が便利です。
色々あって迷いますが、シンプルな生産地、材料、加工の物にしてました。2個目の使用です。

自然化粧品研究所 シルクパウダー

絹からフィブロインを抽出した100%フィブロインのシルクパウダーなため、肌に優しく、よく馴染んでくれます。 日中のテカリやメイク崩れを防ぐことが出来るため、フェイスパウダーとして使用したり、夜のスキンケア後のべたつき防止にも使用できます。近所へのちょっとしたお出かけや、休日に肌を休ませたい時などのフェイスパウダーとして使うのもオススメです。

自然化粧品研究所 シルクパウダーの口コミ

ファンデーションを塗ると肌に負担がかかりそう…だけど、スッピンだと気がひける…なので出来るだけ肌に良さそうなパウダーを探して選びました。カバー力はそうないし、時間が経つとやはりテカリますが、付けたてはサラッと色白になって、特に乾燥も気にならないので、日常使いには重宝しています。

今まで色々なシルクパウダーを使ってきたけど、コスパと品質のバランスを考えるとこれがベスト。
かなり優秀です。
フィブロインだとおもうけど、他のパウダーと比べて粒子がきめ細かく、付け心地もいい。
その分、穴づまりしてケースから出しにくさはあるけど、工夫して使ってます。
なくなったらまたリピ予定。

メリカ シルクパウダー

肌をサラサラに整えながら保湿してくれるシルク100%のルースパウダーで、思わず触れたくなるなめらかな感触にしてくれます。テカリやくすみ、べたつきを無くすため化粧下地、化粧仕上げ、ナチュラルメイク、ナイトパウダーとして使うことが出来ます。特にパウダーミネラルファンデーションのベースや仕上げとして使用することでメイク崩れを防いで、長時間ナチュラなルメイクを持続してくれます。

メリカ シルクパウダーの口コミ

たくさん入っていて持ちそうです。
蓋に少し出してパフにつけて使っています。
乾燥も以前使っていた別のシルクパウダーより気になりません。
また頼みたいと思います。

ミネラルファンデーションの下地にするために購入しましたが、
鼻の毛穴がすごく目立つようになりました。なので使ってません。

ビューナ 絹と胡粉のスキンケアパウダー

シルクと胡粉だけでできた天然スキンケアパウダーで、メイクをしたようなツヤ感のある肌に仕上げながらスキンケアをしてくれます。旅行やお泊り、クリームのベタツキを押さえたいときやファンデーションを塗りたくない人にも大変便利なパウダーです。

ビューナ 絹と胡粉のスキンケアパウダーの口コミ

着け心地がよくて、肌になじみます。
肌への負担が少ないと思います。

北尾化粧品部 シルクパウダー シルクパウダー

ファンデーションを使わない肌の休息日にもオススメなシルクパウダーです。
クレンジングの必要もなく石鹸で落とすことができます。
ふんわりとして軽くマット肌に仕上がり長時間テカリを防いで、ソフトフォーカス効果で毛穴をカバーしてくれます。ナイトパウダーとしても使用することも可能です。

北尾化粧品部 シルクパウダー シルクパウダーの口コミ

アトピー体質で色々探し続けた結果、これにたどり着きました。
他のメーカーに比べ匂いがなく値段もお手頃。
正直、カバー力はあまりありませんが私は日焼け止めを塗ったあとに使用しています。ベタつきが無くなり肌が落ち着いて安定する感じです。
お出掛けの時は、その上にファンデーションをつけたりしてシミなどをカバーしています。

悪くないんでしょうけど、良くもなく??
まだ使い始めてから1週間くらいですが、毎日使っていないということと、使ったときに目に見えて何かがいいか?と問われるとよくわかりません^ ^
私はナイトパウダーやスッピンのときに使いますが、ラメが入ってるわけではないので、その点では石けんで落とせて安心だとは思います。

手作り化粧品BSコスメのシルクパウダー

ファンデーション後のフェイスパウダーや薄化粧用に最適なシルクパウダーです。
セリシンは精錬工程により除去されているため、純粋なシルクのフィブロインとなったシルクパウダーです。

手作り化粧品BSコスメのシルクパウダーの口コミ

シルクが乾燥・敏感肌にも良いと聞いて、こちらを購入しました。使用して4日目です。見た目はちょっと灰色かかっていたので、どんなもんかと思いましたが、色はつかず透明です。
ブラシに取って肌に乗せると、肌にスっと馴染んで毛穴など目立たなくなります。シミなどのカバー効果はやや少なめですが、驚くほど透明感が出ます。化粧下地としてミネラルファンデーションの下に使ってますが、朝化粧して夜遅くまで付けていても乾燥でヨレることなく、メイクオフしたとき驚くほどお肌がしっとりしていて、シルクの効果はすごーい!と実感しています。
ビーエスコスメさんは、広告にお金をかけない分、お値段がかなり安くなっていて、お財布に優しい所とか、有効成分がたっぷり入っているのに余分な添加物が少ない所が、とっても気に入ってます。

汗かくとかゆくなるし、
私は臭いがどうもだめでした。

終わりに

肌をサラサラに保ちながら、しっかりと保湿もしてくれるシルクパウダー。

肌に優しくスキンケアとして使うこともできるシルクパウダーは、一つ持っているとメイクやナイトパウダーなど様々な用途に使うことができます。

肌への負担を軽減したい石鹸オフコスメやミネラルファンデーションを愛用の方には是非オススメしたいアイテムです。

石鹸で落とせるコスメを中心にミネラルファンデーションやスキンケア方法をご紹介しています。

2018年8月21日オーガニックコスメ

Posted by えりさぽーね