【テカリ対策】アンブリオリス イドラマットエマルジョン&Dr.シーラボ VC100エッセンスミスト レビュー

2018年4月25日

4月に入り気温や湿度が上がりはじめ、テカリやメイク崩れが気になる季節になってきましたよね。特に私は脂性肌の傾向がありつつ、汗っかきなのでこれからの季節はメイク崩れの対策については悩みどころです。

夏に備えて肌に優しくテカリや毛穴をカバーしてくれるアイテムを探していたところ、たまたまPLAZAでテカリを抑える保湿ジェルクリームのアンブリオリス イドラマットエマルジョンテカリや毛穴を引き締めてくれるDr.シーラボ VC100エッセンスミストを見つけたので早速購入してみました。今回はこれらの使い心地と以前から使用しているラロッシュポゼのミストとの比較などについてまとめました。

アンブリオリス イドラマットエマルジョンとは

フランス発のスキンケアブランド アンブリオリス(Embryolisse)から発売されているイドラマットエマルジョンは、肌の気になるテカリを抑えつつマットな状態に整えてくれる保湿クリームです。

イドラマットエマルジョンの成分

グリセリン、ビタミンE*1: お肌にうるおいとハリを与えます。
タピオカデンプン: 皮脂を吸収します。
アプリコットオイル: お肌を整えます。

*1: 酢酸トコフェロール

水, グリセリン, アンズ核油, イソノナン酸イソノニル, (アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー, スクワラン, シア脂油, ポリメタクリル酸メチル, タピオカデンプン, 水添ポリイソブテン, カルボマー, 酢酸トコフェロール, イソペンチルジオール, 1,2-ヘキサンジオール, カプリリルグリコール, ポリソルベート60, 水酸化Na, アラントイン, 水添ポリデセン, 香料, イソステアリン酸ソルビタン, EDTA, ビオサッカリドガム-1, 水添レシチン, ポリメチルシルセスキオキサン, カプリル酸グリセリル, トロポロン, リモネン[Ⅲ]

イドラマットエマルジョンの使い方

普段通りのスキンケアで肌を整えた後、手に適量を取り顔全体に馴染ませていきます。メイク前に使用することで、なめらかでマットな状態を保つことが出来ます。

キャップを外すと封がされているので、剥がしてから使用します。

とても柔らかいみずみずしいテクスチャーで、肌に塗るとサラッとしながらもしっかりと潤いを感じることが出来ます。

手に取るとかなり強い香りを感じます。いわゆる海外製スキンケアによくあるフローラルのような匂いです。

時間が経過すると徐々に薄まっていきますが、この香りについて検索してみるとかなり好みが別れている印象を受けました。

私もどちらかというと苦手ですが、時間が経つごとに気にならなくはなってきました。

メイクがしっかりと肌に密着してくれる

普段通りのスキンケアの後、イドラマットエマルジョンを適量塗り、最後に日焼け止めを塗ってからベースメイクを始めました。

肌にのせるとしっとりさを感じますが、指先で触ると肌はサラサラしていました。

ファンデーションは近日中にレビューを書こうと考えている、オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションを使用しました。




オンリーミネラルの薬用ホワイトニングファンデーションは粒子の細かなパウダーですが、イドラマットエマルジョンとの相性は良いようで少量のパウダーで毛穴や赤みをしっかりとカバーして肌にしっかりと密着してくれました。

Dr.シーラボ VC100エッセンスミストとは

Dr.シーラボ VC100エッセンスミストはDr.シーラボの大人気商品VC100エッセンスローションがミストタイプになったものです。

公式サイトにも記載されていないのですが、調べてみると5月まではPLAZA・MINiPLAで先行販売されているアイテムだったようです。

高浸透型ビタミンCの整肌成分であるAPPSがなめらか肌へ導いてくれます。VC100エッセンスミストのみに配合されたスキンプロテクター成分で、大気汚染物質から肌を守ることが出来ます。また3種類の美肌成分が、むくみやテカリをケアしながら艶のある肌に仕上げてくれるそうです。

Dr.シーラボ VC100エッセンスミストの成分

公式サイトにまだ商品の情報がなかったので、スプレーに記載されていた成分の一部を転載します。

浸透ビタミンC配合
オレンジ&グレーぷフルーツの香り
いつでも手軽に!引き締め・テカリ・うるおいケア
ふんわり心地よいビタミンのミストでメイクもキープ!

引き締まったうるおい美肌に導く8種の美容成分
引き締め·ハリ ●浸透ビタミンC (APPS)
お肌を守る ●スキンプロテクター成分
メイクをキープ ●ノイバラ果実エキス(整肌成分)
ツヤ肌ケア ●オレンジエキス ●キュアバッシ ●コラーゲン ●ヒアルロン酸Na
保湿成分 ●コラーゲン ●ヒアルロン酸Na ●リピジュア

無香料·無着色·無鉱物油·パラベンフリー・アルコールフリー
(植物由来の精油を使用しています)

Dr.シーラボ VC100エッセンスミストの使い方

洗顔後に肌から10~15cmほど離した状態で、目と口閉じて軽くスプレーをします。メイクの上からも使用することも可能だそうです。

きちんと使い方を読まずに普段使用しているラロッシュポゼターマルウォーターと同様に少し口を開けて使用してしまい、スプレーが口に入ってしまい口内が苦みで一杯になりました。こんなマヌケな方は少ないと思いますが、使用する際は気を付けてください。

ミストを噴射するとオレンジ&グレープフルーツの柑橘系の香りが漂います。少し薬品臭も感じるので人によっては苦手な可能性もあるかもしれません。

ラロッシュポゼ ターマルウォーター&セロザンクとの違い

私は今までスキンケア前やメイク後、化粧直しの際に複数のミストを使用してきました。その中でも特に気に入っていたのが肌を保湿したり、テカリを防ぐ効果があるラロッシュポゼのターマルウォーターとセロザンクです。そこで今回購入してみた、Dr.シーラボ VC100エッセンスミストと使用感などを簡単に比較してみました。

ラロッシュポゼとは

ラロッシュポゼは世界で25,000人以上の皮膚科医が採用する敏感肌のためのスキンケアブランドです。敏感肌について日々研究を重ねることで、安全性の高いスキンケア製品の開発を目指しているそうです。

ターマルウォーターの成分

ターマルウォーターは、フランス中西部のラ ロッシュ ポゼ村の湧水を無菌室でボトリングした顔・ボディ用に使用できるミスト状の化粧水です。
希少なミネラルや、肌への有用性について研究されているセレンを豊富に含んでいるため、肌をやわらげてバリア機能(角層)をサポートしてくれます。

水、窒素

ターマルウォーターはスキンケア前のプレ化粧水やメイク直し後などに使用していました。
特にスキンケア前に使用すると、ブースターとして使用しているソンバーユやその後に使用している化粧水が肌に入りやすくなってくれました。メイク後に使用するとファンデーションが肌に密着して崩れにくくなってくれます。また、肌に乾燥を感じたときに軽くスプレーするのもオススメです。

セロザンクの成分

セロザンクにはターマルウォーターとは違い、肌をサラサラでマットな状態へ導いてくれる硫酸亜鉛が含まれています。

水、窒素 、塩化Na、硫酸亜鉛

硫酸亜鉛とは
硫酸と亜鉛化合物。無色・無臭。収斂(しゅうれん)性、防腐性がある。肌への影響としては、肌をひきしめる、皮脂をコントロールする、炎症を抑える、毛穴の広がりをおさえる等が言われている。

セロザンクはテカリ対策のスプレーとして使用していました。成分に含まれている硫酸亜鉛のおかげか、使う日と使わない日ではテカリ具合が全く違いました。セロザンクもターマルウォーター同様にプレ化粧水やメイク直し用として使用していましたが、脂性肌の私としてはコチラの方が肌がサッパリとするので相性が良かったです。

ラロッシュポゼターマルウォーター&セロザンクとVC100エッセンスミストの比較

Dr.シーラボ Vエッセンスミストを一日使用してみて感じた、ラロッシュポゼのターマルウォーター、セロザンクとの違いを挙げてみます。

  • ミストの細かさ・ターマルウォーター、セロザンク
  • テカリを防ぐ・セロザンク
  • 保湿力・Dr.シーラボ VC100エッセンスミスト
  • 肌への刺激・Dr.シーラボ VC100エッセンスミスト

ミストの細かさについては、ターマルウォーター、セロザンクがずば抜けてよかったです。これらのミストは非常に粒子が細かく、また均一に出てくれるので肌に優しく密着してくれます。ニキビや肌荒れがある状態でも痛みや不快感を感じる事はありませんでした。Dr.シーラボ VC100エッセンスミストも粒子は細かいとは思いますが、ラロッシュポゼのミストを使用していると少し粗さを感じてしまいました。

テカリに関して一番効果を感じたのはセロザンクです。詳細は後述しますが、VC100エッセンスミストは数値としては油分を抑えてくれていたようですが、見た目ではセロザンクの方がテカリをしっかりと防いでくれたように感じます。ただ、VC100エッセンスミストは今日一日しか使用していないため、使い続けることで効果を発揮してくれる可能性も少し感じています。

保湿力に関してはVC100エッセンスミストが一番高いようでした。こちらに関しては自分の肌で保湿力を感じたというよりも、後述する水分・油分量チェックの結果で判断しました。確かに成分的には水が主成分であるラロッシュポゼよりも、コラーゲンやヒアルロン酸が含まれているVエッセンスミストの方が保湿力には優れているのかもしれません。

肌への刺激についてですが、VC100エッセンスミストを洗顔後に使用してみたところ額にある治りかけのニキビにしみて結構痛みを感じました。ラロッシュポゼを使用していた時は全く刺激を感じたことがないのですが、VC100エッセンスミストはビタミンCが入っているため、少し刺激が強いのかもしれないと思いました。

イドラマットエマルジョン&Vエッセンスミストを一日使用してみて

今回はイドラマットエマルジョンをメイク下地として、Vエッセンスミストを乾燥を感じた際に使用してみました。

使ってみた感想としては多少はテカリが出るけれど、サラサラ感を長時間キープしてくれるのでメイク崩れはほぼ起きませんでした。

言葉で説明するのも難しいので今日一日のメイクをした肌の変化と、肌水分量、油分量をご覧ください。

途中で写真の撮影場所を変更してしまったので、光源にかなり変化が出てしまいましたが普段よりテカリは少なかったです。

16時の撮影の前にVC100エッセンスミストを使用してみたところ、場所にばらつきはあるものの肌水分量がかなり回復してくれました。

頬や鼻周りを中心にスプレーをかけたので、頬の水分量がアップして油分量が多少減ってくれたのかと思います。

ラロッシュポゼのターマルウォーター、セロザンクでは、これほど水分量等の回復を数値で計測出来たことはないので、Vエッセンスミストは保湿力&皮脂を抑えるといった効果のある商品だと思えました。

イドラマットエマルジョンはこんな人にオススメ

  • 肌を保湿しながらテカリを防いでサラサラ肌をキープしたい
  • 絶対にメイク崩れを起こしたくない

VC100エッセンスミストはこんな人にオススメ

  • テカリを防ぎながらしっかり保湿したい
  • いつでも手軽に肌を引き締めたい

イドラマットエマルジョンでテカリを抑えるベースメイク

イドラマットエマルジョンを下地として使用し、テカリを抑えることが出来たベースメイク方法をご紹介します。

イドラマットエマルジョンでテカリを抑えるベースメイク

こちらの画像をクリックすると、テカリを抑えるベースメイク方法をアニメーションにまとめたものを見ることが出来ます。

1.アンブリオリス イドラマット エマルジョンを額、鼻、頬、顎に薄めに塗ります。

2.WELEDA エーデルワイス UVプロテクトを額、鼻、頬、顎に薄めに塗ります。

3.24ミネラルコントロールベースカラーを目の周りのくすみが出やすい部分に塗ります。

4.24ミネラルスティックファンデを目の下の頬からこめかみ部分にかけて塗ります。

5.薬用美白ファンデーションを顔全体に薄めにブラシで塗ります。

6.CCパウダーをテカりやすい部分に薄めにブラシで塗ります。

コツとしてはパウダーは全体的に薄めに塗るとテカリが出にくいようです。
テカリを防ぎたい方にオススメしたいベースメイク方法です。

お手持ちのベースメイクアイテムでも使用前にアンブリオス イドラマットエマルジョンを使用することで、テカリを防いでサラサラ肌をキープすることが出来ると思います。

よければ一度、試してみてくださいね!

石鹸で落とせるコスメを中心にミネラルファンデーションやスキンケア方法をご紹介しています。

2018年4月25日ニキビケア・スキンケア